洗顔で落ちる日焼け止め特集|メイク落としを使わなくても大丈夫な日焼け止めランキング

洗顔で落ちる日焼け止めを見分ける方法

洗顔だけで落ちるポイントは3つ

石油由来成分を配合していないかをチェック
合成ポリマーやシリコンなどの石油由来成分は水性の洗顔料とは馴染まないので、油性のクレンジングでないと落とすことができません。これらの成分が配合されているにもかかわらず、洗顔だけで済ませてしまうと落としきれずに肌に残ってしまうので、注意が必要となります。
ナノ化原料を使用していないかをチェック
一般的な日焼け止めは白浮きを防ぐために、紫外線散乱剤などをナノ化して配合しています。しかし、ナノ化原料は肌表面にとどまらず、角質層に浸透してしまいます。本来なら浸透してはいけないはずの紫外線散乱剤が浸透してしまうので、界面活性剤がたっぷりのクレンジングを使用しなければ落ちません。ですから、ナノ化原料が配合されていないものを選ぶべきです。
パウダーをコーティングしているかをチェック
パウダーをコーティングすると肌に直接触れないので、低刺激というメリットがあります。しかし、それだけではなく、肌に吸着してもはがしやすいというメリットがあります。したがって、洗顔だけで落としたいならパウダーをコーティングした日焼け止めを選ぶべきです。

メイク落としを使わなくても大丈夫!洗顔で落ちる日焼け止めランキング

順位 商品名 特徴 商品詳細

ウェアルーUV
石油由来成分不使用:○
ナノ化原料不使用:○
コーティング:○
SPF25/PA++
オーガニック処方だから洗顔だけでOK!
石油由来成分を一切使用せず、植物成分と天然ミネラル成分だけを使用して作られた完全無添加オーガニックの日焼け止めです。独自の技術によりナノ化原料を使わずに白浮きしない処方を実現しました。アミノ酸でパウダーをコーティングしているので、低刺激かつ洗顔だけでスルッと落とすことができます。
ウェアルーUV

24h UVベースローション
石油由来成分不使用:○
ナノ化原料不使用:△
コーティング:○
SPF15/PA++
天然成分100%の日焼け止め!
天然ミネラルと植物保湿成分だけで作られた日焼け止めです。公式ページでは石油由来成分を使用していないので、洗顔だけで落とすことができることがしっかりと記載されています。ただし、ナノ化原料が使用されているかどうかは非公開となっているので、やや不安な面もあります。

UVラグジュアリーデイクリームII
石油由来成分不使用:○
ナノ化原料不使用:×
コーティング:○
SPF23/PA++
商品テキストテキストテキスト!
天然ミネラルを水酸化Alでコーティングし、保湿成分と植物エキスを加えた日焼け止め。石油系は無配合なので、洗顔だけで落とすことは可能ですが、マイクロ粒子を100%使用しているため、若干肌に残ってしまう可能性があることが公式ページでは記載されています。ですから、軽めにクレンジングをするのが無難かもしれません。

洗顔で落ちる日焼け止めで一番安心して使えるのは?

「ウェアルーUV」なら安心して使えます!

石油由来成分不使用の完全無添加オーガニック
⇒ 石油由来成分は一切使用しないのはもちろん、天然成分100%の完全無添加オーガニックの日焼け止めなので、洗顔だけで綺麗に落ちます。成分のほとんどが美容成分で作られているので、肌に優しいのが魅力の日焼け止めです。
ナノ化原料不使用なのに白浮きしない
⇒ 独自の分散処理技術により、ナノ化原料を使用することなく白浮きしない日焼け止めを実現しました。紫外線散乱剤をナノ化していないので、角質層に浸透する心配もなく、洗顔だけで全て落とすことができます。
アミノ酸でしっかりとコーティング
⇒ 紫外線散乱剤などのパウダー粒子を全てアミノ酸でコーティングしているので、肌に直接触れることがなく、低刺激なところが魅力。しかも、アミノ酸なので、洗顔料だけで綺麗さっぱり落とすことができるところがポイントです。


完全無添加+ナノ化原料不使用+アミノ酸コーティングは「ウェアルーUV」だけの魅力です!